作家プロフィール

遠藤周作

(えんどう しゅうさく)1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日、享年73。東京都出身 。

父親の仕事の都合で幼少時代を満洲で過ごした。帰国後の12歳の時に伯母の影響でカトリックの洗礼を受けた。慶應義塾大学文学部仏文科を卒業後、1950年にフランスへ留学。帰国後は批評家として活動するが、1955年半ばに発表した小説「白い人」が第33回芥川賞を受賞し、小説家として脚光を得た。第三の新人の一人。キリスト教を主題にした作品を多く執筆し、代表作に『海と毒薬』『沈黙』『侍』『深い河』などがある。1960年代初頭に大病を患い、その療養のため町田市玉川学園に転居してからは「狐狸庵山人(こりあんさんじん)」の雅号を名乗り、ぐうたらを軸にしたユーモアに富むエッセイも多く手掛けた。

P+D BOOKSの作品

お人好しフランス人に託し、現代のキリスト受難を描く。

おバカさん

遠藤周作

くわしくはこちらから 関連記事はこちらから

加藤清正と小西行長 相容れぬ同士の死闘

宿敵 上巻

遠藤周作

くわしくはこちらから 関連記事はこちらから

無益な戦、秀吉に面従腹背で臨む行長。

宿敵 下巻

遠藤周作

くわしくはこちらから 関連記事はこちらから

初めて司祭となった日本人の生涯を描く

銃と十字架

遠藤周作

くわしくはこちらから 関連記事はこちらから

太閤秀吉の末裔が巻き込まれた事件とは?

ヘチマくん

遠藤周作

くわしくはこちらから 関連記事はこちらから

知られざる織田信長「若き日の戦いと恋情」

決戦の時(上)

遠藤周作

くわしくはこちらから

天運を味方に“天下布武”へ突き進む信長

決戦の時(下)

遠藤周作

くわしくはこちらから
TOP