作家プロフィール

日野啓三

(ひの けいぞう)1929年(昭和4年)6月14日 - 2002年(平成14年)10月14日、享年71。東京都出身。東京大学文学部社会学科卒。小説家、評論家。
東京生まれ。5歳の時に父親の仕事のため朝鮮に移り、小中学校時代を慶尚南道密陽で暮らした。1942年にソウルに移って、龍山中学に通う。敗戦後は父親の故郷広島県福山市に引き揚げ、広島県立府中中学校(現広島県立府中高等学校)を経て、1946年に旧制一高入学、この頃野間宏、椎名麟三などの戦後文学に関心を持ち、大岡信、丸山一郎(佐野洋)らと同人誌「二十代」、次いで同じメンバーで「現代文学」を作り、文芸評論を執筆した。
大学在学中から文芸評論を書き始め、新聞社入社後はソウル、ベトナム特派員を務める。1966年、はじめての著書『ベトナム報道』、小説「向う側」を発表。主な作品に「此岸の家」(第2回平林たい子文学賞)、「あの夕陽」(第72回芥川賞)、『抱擁』(第10回泉鏡花文学賞)、『砂丘が動くように』(第22回谷崎潤一郎賞)、『夢の島』(第36回芸術選奨文部大臣賞)、『断崖の年』(第3回伊藤整文学賞)、『台風の眼』(第46回野間文芸賞)、『光』(第47回読売文学賞)などがある。ベトナム戦争を題材にした作品や、現代都市における幻想を描く都市小説といわれる作品などで知られる。

P+D BOOKSの作品

妖しい洋館が舞台のロマネスクな人間模様

抱擁

日野啓三

くわしくはこちらから
TOP