作家プロフィール

石坂洋次郎

(いしざか ようじろう)1900年(明治33年)1月25日 - 1986年(昭和61年)10月7日、享年86。青森県出身。慶應義塾大学国文科卒。小説家。

大学卒業後、1925年に青森県立弘前高等女学校(現在の青森県立弘前中央高等学校)に勤務。翌1926年から秋田県立横手高等女学校(現在の秋田県立横手城南高等学校)に勤務。1929年から1938年まで秋田県立横手中学校(現在の秋田県立横手高等学校)に勤務し教職員生活を終える。健全な文学を志し、『海を見に行く』で注目され、「三田文学」に掲載した『若い人』で三田文学賞を受賞。しかし、右翼団体の圧力をうけ、教員を辞職。戦時中は陸軍報道班員として、フィリピンに派遣された。戦後は『青い山脈』を「朝日新聞」に連載。映画化され大ブームとなり、「百万人の作家」といわれるほどの流行作家となる。数多くの映画化、ドラマ化作品がある。1966年、「健全な常識に立ち明快な作品を書きつづけた功績」が評価されて第14回菊池寛賞を受賞。代表作に『麦死なず』『陽のあたる坂道』『石中先生行状記』『光る海』『あいつと私』などがある。

P+D BOOKSの作品

主題歌と共に色あせない青春小説の金字塔

青い山脈

石坂洋次郎

くわしくはこちらから
TOP