作家プロフィール

柏原兵三

(かしわばら ひょうぞう)1933年(昭和8年)11月10日 - 1972年(昭和47年)2月13日、享年38。千葉県出身。東京大学文学部独文科卒。小説家、ドイツ文学者。

東京市渋谷区立千駄谷小学校在学中、1944年4月、父の郷里の富山県下新川郡入善町吉原に縁故疎開し、入善町立上原小学校(現在は廃校)に転入。敗戦に伴って1945年9月に帰京するまでを同校で過ごし、よそ者として過酷ないじめを受け、この時の体験を中学時代から『長い道』として小説に書き始めた。1963年政府交換留学生としてベルリンに留学。1965年に帰国し、柴田翔の芥川賞受賞に刺激を受けて小説を執筆。ドイツ文学者としてはヨーゼフ・ロートやフランツ・カフカなどの翻訳を行っている。1968年『徳山道助の帰郷』で第58回芥川賞を受賞。1970年東京藝術大学助教授。代表作に『兎の結末』『ベルリン漂泊』などがある。

P+D BOOKSの作品

「少年時代」の原点となった疎開文学の傑作

長い道・同級会

柏原兵三

くわしくはこちらから
TOP