作家プロフィール

小島政二郎

(こじま まさじろう)、1894年(明治27年)1月31日 - 1994年(平成6年)3月24日、享年100。東京都出身。俳号は燕子楼。

生家は呉服商「柳河屋」。京華中学を経て、慶應義塾大学文学部在学中から『三田文学』で作品を発表し始め、卒業後は鈴木三重吉が主宰していた児童雑誌『赤い鳥』の編纂に携わる。1922年に親交があった講釈師・五代目神田伯龍を題材とした短篇『一枚看板』で文壇に認められ、1927年の『緑の騎士』で大衆的人気を得る。以後多くの大衆小説を書き『花咲く樹』『人妻椿』『新妻鏡』など人気作を次々執筆し、戦前から戦後にかけて一世を風靡した。1934年には直木賞・芥川賞の選考委員となり、文壇の中心人物として活躍。1951年から1968年にかけて雑誌「あまカラ」で長期連載された食味随筆『食いしん坊』にて、食通としても知られるようになり、そのジャンルの随筆執筆も多く残す。

P+D BOOKSの作品

画家・北斎の成長を描いた、時代ロマン小説の傑作。

小説 葛飾北斎(上)

小島政二郎

くわしくはこちらから

画家・北斎の成長を描いた、時代ロマン小説の傑作。

小説 葛飾北斎(下)

小島政二郎

くわしくはこちらから
TOP