作家プロフィール

河野 多惠子

(こうの たえこ)1926年(大正15年)4月30日 - 2015年(平成27年)1月29日、享年88。大阪府生まれ。小説家。

旧制大阪府女子専門学校(新制大阪女子大学の前身、現大阪府立大学)卒業。1950年、丹羽文雄主宰の「文学者」同人となる。1961年『幼児狩り』(第8回新潮同人雑誌賞受賞)で注目され、1963年『蟹』で第49回芥川賞を受賞する。1989年、日本芸術院会員。大庭みな子と共に女性初の芥川賞選考委員となり、2007年まで務めた。谷崎潤一郎の衣鉢を継ぎ、マゾヒズム、異常性愛などを主題とする。また『谷崎文学と肯定の欲望』(1976)で第28回読売文学賞を受賞するなど谷崎の読み手としても知られ、『谷崎文学の愉しみ』などの評論を書き継ぐほか谷崎潤一郎賞選考委員を務めた経験もある。夫は洋画家の市川泰(1925 - 2012)。勲三等瑞宝章、文化勲章受章。代表作に『不意の声』、『一年の牧歌』、『みいら採り猟奇譚』、『半所有者』などがある。

P+D BOOKSの作品

中年女性の屈折した心理を描く「蟹」他6篇

幼児狩り・蟹

河野多惠子

くわしくはこちらから
TOP