作家プロフィール

森 敦

(もり あつし)1912年(明治45年)1月22日-1989年(平成元年)7月29日、享年77。熊本県天草出身。

旧制第一高等学校を中退した頃、菊池寛に見出され、横光利一の推輓により1934年(昭和9年)、毎日新聞で処女作『酩酊船(よいどれぶね)』を連載。太宰治、壇一雄、中原中也らと文芸同人誌「青い花」の創刊に参加したが、作品の発表には至らなかった。その後、筆を擱(お)き、奈良県東大寺の瑜伽山に移り住んだことから始まり、妻の故郷である山形県酒田、同県鶴岡、三重県尾鷲、新潟県弥彦など多くの地を転々とする。1966年(昭和41年)以降は都内に居を構える。印刷会社に勤務しながら、同人誌「ポリタイア」に『天上の眺め』その他の短編を発表して復帰した。「季刊芸術」第26号(1973年7月)に発表した中編『月山』で、1974年(昭和49年)、62歳で第70回芥川龍之介賞受賞。他に『鳥海山』『文壇意外史』『聊斎志異』『わが風土記』『意味の変容』『月山抄』『われ逝くもののごとく』(第40回野間文芸賞)などの作品がある。

P+D BOOKSの作品

太宰治らとの交遊から芥川賞受賞までを随想

わが青春 わが放浪

森 敦

くわしくはこちらから
TOP