作家プロフィール

佐野洋子

(さの ようこ)、1938年(昭和13年)6月28日-2010年(平成22年)11月5日、享年72。中国・北京出身。絵本作家、エッセイスト。

北京、大連、引き揚げてからは山梨、静岡で暮らし、幼少期の鮮明な記憶をもとに書かれた作品も多い。幼い頃に体験した兄の死は作品に大きな影響を与えている。1962年、武蔵野美術大学デザイン科を卒業。1966年から翌年にかけてベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。『すーちゃんとねこ』(1973年)が初めての自作の絵本となる。主な作品に『100万回生きたねこ』『おじさんのかさ』『だってだっての おばあさん』『わたしのぼうし』(第8回講談社出版文化賞絵本賞受賞)『ねえ とうさん』(第7回日本絵本大賞受賞、第51回小学館児童出版文化賞受賞)、エッセイに『神も仏もありませぬ』(第3回小林秀雄賞受賞)『シズコさん』『役にたたない日々』『死ぬ気まんまん』など。童話や小説に『わたしが妹だったとき』(第1回新美南吉児童文学賞受賞)『わたし いる』(第35回サンケイ児童出版文化賞受賞)『あの庭の扉をあけたとき』『コッコロから』など。絵本や童話には多くの作家との共著があり、また翻訳も多数手掛ている。2003年紫綬褒章受章。

P+D BOOKSの作品

著者の北京での子ども時代を描いたエッセイ

北京のこども

佐野洋子

くわしくはこちらから
TOP