作家プロフィール

柴田 翔

(しばた しょう)1935年1月19日生まれ。東京都出身。東京大学大学院独文科卒。ドイツ文学者、東京大学名誉教授。

東大工学部から文転して独文科を卒業し、1960年同大学院独文科修士課程修了、助手となる。同年同人誌「象」に発表した小説「ロクタル管の話」が「文學界」に転載され、芥川賞候補となる。1961年に修士論文を改稿した「親和力研究」でゲーテ賞を受賞、翌年ドイツ留学。1964年「象」に発表した『されど われらが日々―』で第51回芥川賞を受賞。六全協に影響された学生群像を描いたこの青春小説は、累計186万部というベストセラーとなった。以後も『贈る言葉』『鳥の影』『立ち盡す明日』などを発表した。1966年に東京都立大学講師、1967年に助教授、1969年東京大学文学部助教授、のち教授、文学部長を務めた。

P+D BOOKSの作品

名著「されどわれらが日々」に続く青春小説

われら戦友たち

柴田 翔

くわしくはこちらから
TOP