作家プロフィール

高橋和巳

(たかはし かずみ)1931年(昭和6年)8月31日 - 1971年(昭和46年)5月3日)、享年39。大阪府出身。京都大学文学部中国語中国文学科卒。小説家、中国文学者。妻は小説家の高橋たか子。

大学在学中に「京大文芸同人会(京大作家集団)」、「ARUKU」、「現代文学」などで活動し、学友に小松左京、大島渚がいた。立命館大学講師、明治大学文学部助教授、 京都大学文学部助教授を歴任。中国文学者として、中国古典を現代人に語る事に努める傍ら、現代社会の様々な問題について発言し、全共闘世代の間で多くの読者を得た。左翼的な思想の持ち主ではあったが、三島由紀夫と交流するなどの人間的な幅の広さがあった。自然科学にも関心が深く、特に相対性理論に関する造詣が深かった。1962年『悲の器』で文壇デビュー。同作は第1回文藝賞を受賞する。主な作品に『邪宗門』『憂鬱なる党派』『わが解体』などがある。

P+D BOOKSの作品

全共闘世代のバイブルだった高橋和巳の長編

黄昏の橋

高橋和巳

くわしくはこちらから

戦後、突然の凶行に走った男の“心の曠野”

堕落

高橋和巳

くわしくはこちらから
TOP