作家プロフィール

木山捷平

(きやま しょうへい)1904年(明治37年)3月26日 - 1968年(昭和43年)8月23日、享年64。岡山県出身。東洋大学専門学部文化学科中退。小説家、詩人。

1929年に処女詩集『野』を自費出版にて発表。1933年、太宰治等と「海豹」創刊。1934年、「青い花」同人。同人誌創刊以降は小説家としての道を歩み、1939年に処女小説「抑制の日」を発表、第9回芥川賞候補になり、1940年に「河骨」が第11回芥川賞候補になる。1944年、満州国農地開発公社嘱託として長春に赴き、1945年8月、現地で応召され、敗戦後長春で難民となる。この間の経緯は『耳学問』『大陸の細道』(1963年、第13回芸術選奨受賞作)『長春五馬路』等に描かれる。私小説の代表的作家の一人として、短編小説を得意とした。没後1997年に、木山の出身地・笠岡市などが主催して木山捷平文学賞が設けられ、2005年迄の9回にわたり受賞作が発表された。2006年からは公募の新人賞の木山捷平短編小説賞に模様替えされた。著書は他に『苦いお茶』『茶の木』『去年今年』などがある。

P+D BOOKSの作品

ソ連軍侵攻直前の満州を、ユーモラスに描く

大陸の細道

木山捷平

くわしくはこちらから
TOP