作家プロフィール

小島信夫

(こじま のぶお)1915年(大正4年)2月28日 - 2006年(平成18年)10月26日、享年91。岐阜県出身。東京大学英文学科卒。

1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教員となり、1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授となる。1954年「アメリカン・スクール」で第32回芥川賞、1965年『抱擁家族』で第1回谷崎潤一郎賞、1981年『私の作家遍歴』で第13回日本文学大賞、1982年『別れる理由』で第35回野間文芸賞、第38回日本芸術院賞、1997年『うるわしき日々』で第49回読売文学賞を受賞。第三の新人の一人として、特に『別れる理由』以降、作者自身やその友人と同名の人物、あるいはあからさまにモデルとなった人物、もしくは同一人物そのものを登場させる手法を確立する。その他の著書に『各務原・名古屋・国立』、保坂和志との共著『小説修行』ほか多数。2006年遺作『残光』を発表後、肺炎のため死去。

P+D BOOKSの作品

姦通をテーマに“愛のカオス”を描いた大作

別れる理由 1

小島信夫

くわしくはこちらから

現在と過去が交錯して浮かびあがる「姦通」

別れる理由 2

小島信夫

くわしくはこちらから

幻想世界で繰り広げられる「愛と性の狂宴」

別れる理由 3

小島信夫

くわしくはこちらから

「夢くさい世界」で女に、虫に、馬になる永造

別れる理由 4

小島信夫

くわしくはこちらから
TOP