作家プロフィール

中村真一郎

(なかむら しんいちろう)1918年(大正7年)3月5日 - 1997年(平成9年)12月25日、享年79。東京都出身。東京大学仏文科卒。小説家、文芸評論家、詩人。

1942年、福永武彦、加藤周一らと文学グループ「マチネ・ポエティック」を結成。脚韻を試みるなどの新しい詩運動を目指した。戦後、加藤,福永との共著『1946-文学的考察』 (1946年) で本格的活躍を開始。「意識の流れ」を追うプルースト流の手法を駆使した『死の影の下に』(1947年)で戦後文学の一翼を担う。[春]に始まる四部作『四季』『夏』(第14回谷崎潤一郎賞)『秋』『冬』(第17回日本文学大賞)等の小説作品のほか、評伝『頼山陽とその時代』(第22回芸術選奨文部大臣賞)『蠣崎波響の生涯』(第41回読売文学賞・評論伝記賞)、エッセイ『私のフランス』など多数の著書と訳詩書がある。1994年、勲三等瑞宝受章。

P+D BOOKSの作品

喪われた時を取り戻そうとする二人の男たち

四季

中村真一郎

くわしくはこちらから
TOP