作家プロフィール

新田次郎

(にった じろう)1912年(明治45)6月6日 - 1980年(昭和55年)2月15日、享年67。長野県出身。神田電機学校(現:東京電機大学)卒。小説家、気象学者。本名:藤原寛人(ふじわら ひろと)。

電機学校を卒業後、中央気象台に就職し、富士山測候所勤務等を経験する。1956年『強力伝』で第34回直木賞を受賞。『縦走路』『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』など山岳小説の分野を拓く。次いで歴史小説にも力を注ぎ、1974年『武田信玄』等で第8回吉川英治文学賞を受ける。1979年、紫綬褒章受章。1980年、心筋梗塞で急逝。没後、その遺志により新田次郎文学賞が設けられた。実際の出来事を下敷きに、我欲・偏執等人間の本質を深く掘り下げたドラマチックな作風で時代を超えて読み継がれている。

P+D BOOKSの作品

山岳小説の白眉「強力伝」ほか4作の傑作選

強力伝
二十世紀最後の職人の魂

新田次郎

くわしくはこちらから
TOP