作家プロフィール

佐伯一麦

(さえき かずみ)1959年(昭和34年)7月21日生まれ。宮城県出身。仙台第一高校卒。小説家。

雑誌記者、電気工など様々な職に就きながら、1984年「木を接ぐ」で第3回「海燕」新人文学賞を受賞する。1990年『ショート・サーキット』で第12回野間文芸新人賞、1991年『ア・ルース・ボーイ』で第4回三島由起夫賞、1997年『遠き山に日は落ちて』で第1回木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で第31回大佛次郎賞、2007年『ノルゲ Norge』で第60回野間文芸賞、2014年『還れぬ家』で第55回毎日芸術賞、『渡良瀬』で第25回伊藤整文学賞を、それぞれ受賞。他に『雛の棲家』『一輪』『木の一族』『石の肺』『ピロティ』『誰かがそれを』『麦主義者の小説論』『光の闇』『空にみずうみ』『山海記』など著書多数。

P+D BOOKSの作品

生きる意味を探す元エリート少年の青春小説

ア・ルース・ボーイ

佐伯一麦

くわしくはこちらから
TOP