作家プロフィール

瀬戸内寂聴

(せとうち じゃくちょう)1922-2021年、享年99。徳島県出身。東京女子大学国語専攻部卒。小説家、天台宗の尼僧。

1957年「女子大生・曲愛玲」で第3回新潮社同人雑誌賞、1961年『田村俊子』で第1回田村俊子賞、1963年『夏の終り』で第2回女流文学賞を受賞。1973年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。1992(平成4)年『花に問え』で第28回谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で第46回芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で第54回野間文芸賞、2011年に『風景』で第39回泉鏡花文学賞、2018年『句集 ひとり』で第6回星野立子賞を受賞。2006年、文化勲章を受章。著書に『比叡』『かの子撩乱』『美は乱調にあり』『青鞜』『現代語訳 源氏物語』『秘花』『爛』『わかれ』『いのち』『私解説 ペン一本で生きてきた』など多数。

P+D BOOKSの作品

「女子大生・曲愛玲」を含むデビュー作品集

白い手袋の記憶

瀬戸内晴美

くわしくはこちらから
TOP