作家プロフィール

高橋たか子

(たかはし たかこ)1932年(昭和7年)3月2日 - 2013年(平成25年)7月12日、享年81。京都府出身。京都大学文学部フランス文学科卒。小説家。夫は小説家の高橋和巳。旧姓岡本、本名和子(たかこ)。

大学在学中に高橋和巳と知り合い、卒業の半年後に結婚する。大学院に進み、1958年に修士を取得。その一方で作家志望の和巳が働かなかったため、たか子が家庭教師や翻訳、外国人観光客のガイドなどをして家計を支え、加えて夫の原稿の清書なども精力的に手伝った。1965年に鎌倉市二階堂理智光寺に転居。しかし1969年に夫である和巳が病に倒れ、たか子は献身的に介護するも、1971年、和巳と死別。たか子もその後、自ら小説を書き始めた。1975年に遠藤周作のすすめでカトリックの洗礼を受けた。京都市の女子カルメル会に入会し、修道生活を送った時期もある。三原山での女子大学生の投身自殺を描いた『誘惑者』(第4回泉鏡花文学賞)のほか、『空の果てまで』(第13回田村俊子賞)、『ロンリー・ウーマン』(第16回女流文学賞)、『怒りの子』(第37回読売文学賞)、『きれいな人』(第45回毎日芸術賞)などの代表作がある。

P+D BOOKSの作品

鬼気迫る“自殺者と自殺幇助者”の心理葛藤

誘惑者

高橋たか子

くわしくはこちらから
TOP